In Support of the Iroquios Nationals

――イロクォイ ナショナルズの世界大会参加実現のために――

"Against the Wind"(2010年7月)の投稿より

 標題のブログの10年前の投稿を若干編集して再掲する。

ラクロス―創造主のゲーム(2010年7月10日)

 サッカーのワールドカップもあと2試合を残すばかりの佳境に入ったが、ウィンブルドンのテニスが終わったイングランドマンチェスターでは、15日から24日まで世界の30カ国が参加してラクロス世界選手権が開催される。
 河野明子さんが「報道ステーション」に出ていた頃は、時々、話題になっていたラクロスだが、最近はあまり耳にしないし、目にもしない。そんな環境の日本では、ラクロスの発祥地が北米先住民族のイロクォイ六国連合(or イロクォイ連邦)の地であったことは、あまり知られていない。
iroquoisnationals.org

 そのイロクォイ連邦の代表チームが今、イングランドへ「出国」できずにニューヨークで足止めを食っている。
 ご存知のように(知らなかったかもしれないが)、イロクォイ連邦の人々は、アメリカやカナダではなく、自国のパスポートを保持して諸外国を旅する。今回イギリス領事館に足止めを食らっているチームは、これまでにもイングランドをはじめ、オーストラリアやカナダ、そして日本にも自国(ハゥデノショーニ)パスポートで入国している。(かつて日本の外務省は、このパスポートにケチをつけたこともあったが。)

 アメリ国務省がチームと関係者、サポーターたちの再入国許可の確認をし、12日にイギリス領事館で指紋を取ってからビザが発給され、マンチェスターへ飛び立つことができると期待されているらしいが、イロクォイ連邦人はもう既に20年以上も自分たちのパスポートで出入国しているというのに、なぜなのか。アメリカかカナダのパスポートを使用しなければならないと告げた在ニューヨークのイギリス領事が無知だっただけなのだろうか? イロクォイ連邦とイギリスとの外交関係がしばらく燻るかもしれない。

イロクォイ ナショナルチーム(2010年7月14日)

 New York Daily Newsによれば、どうも事の発端はイギリス領事館というより、アメリ国務省のようである。米国務省がイロクォイのパスポートを認めず、再入国を認めないという立場を取っているらしい。
 国務省は、緊急措置として米国のパスポートを用意すると表明しているようだが、イロクォイの「国技」であるラクロスの世界選手権への参加を「人質」に、米国パスポートを受け入れさせようとするとは! 記事にもある通り、イロクォイにとってこれは侮辱であり、米国やカナダよりも古くから存在するイロクォイの主権に対する蹂躙である。
http://www.nydailynews.com/news/national/2010/07/12/2010-07-12_iroquois_lacrosse_team_banned_from_flying_overseas_us_refuses_to_recognize_tribe.html

 周知の通り、アメリカは、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと並んで、「先住民族の権利に関する国連宣言」の採択に反対票を投じた。その後、オーストラリアとニュージーランドは、同宣言の受諾を表明し、カナダもアメリカも同じ方向へ進みつつもある。アメリカでは、国務省が現在、同宣言に対する意見を全米の土着人民諸国から集約中でもある(これは時間稼ぎの側面もあるが)。今回の国務省の対応は、アメリカという国家の本音を露にしたものと言えよう。

試されるオバマ政権(2010年7月15日)

 イロクォイ連邦のラクロスチームは、今日もまだニューヨークに足止めを食らったままである。アメリカ政府がイロクォイ連邦(ハゥデノショーニ)のパスポートを認めず、イギリス政府がビザを発給しない。チームのニューヨーク滞在費はかさみ、木曜日夜のイングランドとの試合に間に合うかどうかのぎりぎりの状況になってきた。
 しかし、彼らがラクロスの世界選手権に出場すること以上に、最も大切にしていることは、自分たちが「ハゥデノショーニ」であることであり、それを承認される意味で、自らの国のパスポートを認められることである。事態はついに、オバマ政権のインディアン諸国に対する態度が試されるところへと至った。
 イロクォイ連邦の精神的指導者の一人であり、イロクォイ ナショナルチームの名誉会長でもあるチーフ オレン ライオンズは、次のように協力を求めている。末尾にあるように、イロクォイ チームがハゥデノショーニ パスポートで試合に参加し、問題なく帰国できるように応援するメールをホワイトハウスのインディアン問題担当者(Kimberly TeeHee=[アドレス省略])と国務省スタッフの二人(Kathleen Milton=[省略」;Lynn Sicade=[省略」)に送ろう。[筆者]も、夕べ送ったところだ。

Chief Oren Lyonsより

Dear Friends,

The Iroquois Nationals Lacrosse Team's travel documents were declared unacceptable for travel by the U.S. Department of State and the Department of Homeland Security at 4 pm, July 8, 2010. This is traumatic to the Iroquois Nationals' travel schedule and budget. The Board of Directors, Travel Committee, Coaches, Staff and Team of almost 50 people are struggling to convince the Department of State and Homeland Security to accept our travel documents so that our All-American team can compete as a nation against team Canada, team USA, team England, team Australia and team Japan in the premiere Blue Division of the Federation of International Lacrosse (FIL) at the FIL World Lacrosse Championships hosted by England at Manchester from July 15 to 24, 2010.

The game of De-hon-tshi-gwa' ehs (Lacrosse) has become an inspiration to a third of the world's youth – 109 countries in all. The long-stick game is a gift to the world from the Haudenosaunee, the Six Nations Iroquois Confederacy. It would be strange – beyond strange, indeed – if the Iroquois Nationals Lacrosse Team, the national team of the Haudenosaunee were denied participation in the World Lacrosse Championships by agencies of the United States. We are perplexed by this position taken by the Obama Administration.

Since the Iroquois Nationals Lacrosse Team's admittance to the Federation of International Lacrosse in 1983, the team has participated in every world competition as a member nation, flying our own colors, singing our own anthem and traveling on our own Haudenosaunee passports to England (1985, 1994), Australia and Japan. As citizens we have traveled internationally on our own passports since 1977. We do not take this issue of passports lightly. We have traversed our request with the utmost respect for the sovereignty of the nations involved. As Indigenous Peoples of North America, we have over 200 years of treaties and international relations with our brother, the United States.

We need your support to help convince the U.S. to accommodate our travel to Manchester, England. The Iroquois Nationals Lacrosse Team and Team England are scheduled to open the World Lacrosse Championships at 7:00 pm Thursday July 15th.

This is a call for support. We want to ensure that Native Peoples should not be told they cannot leave or cannot return to their homelands.

Please contact the White House at 202.456.4771 to express your support for our clearance to leave and return to participate in the World Lacrosse Championships in Manchester, England, as soon as possible. Let us know you did so by emailing tsadeyohdi@gmail.com.

Please also email White House Indian Affairs senior staff Kimberly TeeHee at Kimberly_K._TeeHee@who.eop.gov and two State Department officials, Kathleen Milton at miltonkm@state.gov and Lynn Sicade at sicadelm@state.gov.

Thank you for your support. When we win, you win.

Day na to,

Joagquisho, Oren R. Lyons

Honorary Chairman

Iroquois Nationals Lacrosse Team

Peace from our house to yours!

 米英両国では主要メディアも、この件を取り上げ始めている。
CNN:
edition.cnn.com

The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/07/13/AR2010071305993.html
[2020.07.31現在、記事にはアクセス不能。]

The New York Times
www.nytimes.com

その他の記事:
www.syracuse.com

[2020.07.31現在、アクセス不能な記事は省略した。]

イロクォイの勝利(2010年7月15日)

 約1時間前のニューヨーク発AP電を掲載したYahoo! Newsによれば[アクセス不能のためURL省略]、アメリカ政府はイロクォイ チームがハゥデノショーニ パスポートでイングランドへ向かうことを認めたとのことである。
 まだイギリス政府からのビザ発給待ちであるが、大丈夫だろう。
 イロクォイ ナショナルチーム、次はラクロスでの勝利を!

ゴネるイギリス政府へ要請を!(2010年7月16日)

 昨晩、イギリス政府もハゥデノショーニ・パスポートを認めるだろうと楽観的に書いたが、甘かった。
 イロクォイ チームは、ニューヨーク時間の14日(水)午後4時の変更便で翌日の試合のためにイギリスに向かおうとしていたが、イギリス領事館は土壇場でビザの発給を拒否した。
 イロクォイ ナショナルチームは、声明を出し、次のように協力を求めている。
 "We are deeply disappointed, and urge our friends and supporters to reach out to the British government to seek reconsideration in this unprecedented rejection of Haudenosaunee passports as well as the one-time travel waiver issued by the US State Departments as was originally requested by the UK Consulate."
 「私たちは、深く失望しています。私たちは、私たちの友人や支援者が、当初、英国領事館によって求められた米国国務省によって発行される一次旅券免除証のみならず、ハゥデノショーニ パスポートをも拒否するという、この前例のない決定の再考を求めて英国政府に連絡を取るように要請します。」
[元投稿には駐日英国大使と駐日英国大使館の住所・電話/ファックス番号、意見・メッセージ用フォームのURLなどを記しておいたが、削除した。]

 この問題は、アメリカ下院議会の議場でも取り上げられた。ニューヨーク州民主党議員、ダン マッフェイ(Dan Maffei)議員が、14日に2度、この問題を取り上げ、「もしチームが選手権に参加できなければ、国際的な恥となろう」と、イギリス政府にビザ発給を求めた。
 米国国務省がO.K.を出す前に、同議員は、議場で次のように述べた。
 “To this team, accepting U.S. passports would be akin to denouncing their own national and ethnic identity.”
 「このチームにとって、米国パスポートを受け入れることは自らの国民的・民族的アイデンティティを放棄するのと同じようなことである。」

 [現在アクセス不能のため、同議員の議会演説が視聴可能な3つのURLと報道記事の2つのURLを省略。]

足止め5日目(2010年7月16日)

 イギリス政府は、イロクォイ チームの入国をまだ拒否し続けている。引くに引けなくなって、ますます頑なになっているというところか。
 一方、その場凌ぎの申し出より「主権」という原則を守ったチームには、北米の[先住諸民族]同胞から賞賛の声が上がっている。
 イロクォイ ナショナルチームは、カナダ、アメリカ、オーストラリアに次いで、世界ランキング第4位。足止めによって無効となった木曜日の試合の相手がイギリスだったから皮肉なものだ。
 チームはまだ、土曜の試合に間に合って入国できる希望を捨ててはいない。[アクセス不能のため、The Winnipeg Free Pressの記事は省略。]
www.syracuse.com
www.syracuse.com

 選手のインタビューは、こちら:

Indians grounded

 イギリス政府への直接要請・抗議は、こちらから:[省略。]

英国首相へのNCAI書簡(2010年7月17日)

 ワシントン時間で16日、アメリカンインディアン全国議会(NCAI)が、イロクォイ チームの入国許可を求めて、ディヴィッド キャメロン英国首相宛てに書簡を送った。以下、その本文である。

Dear Prime Minister David Cameron:

I write on behalf of the National Congress of American Indians (NCAI), the oldest and largest tribal government advocacy organization representing sovereign tribal nations in the United States. We strongly urge the United Kingdom to follow the actions of U.S. Secretary of State Hillary Rodham Clinton and clear the Iroquois Nationals lacrosse team, representing the Six Nations of the Iroquois Confederacy, for international travel on their Haudenosaunee passports. The United Kingdom and its citizenship will benefit greatly from welcoming these great athletes representing their respective Indian nations.

Our organization is comprised of elected and appointed leaders and citizens from tribal sovereign nations that have extensive treaty and legal agreements with the United States Government. Over the last week, we have been working with Obama Administration officials, the U.S. Department of State, U.S. Department of Homeland Security, the congressional delegation from the State of New York, and Iroquois Nationals team officials to resolve legitimate concerns regarding the international travel documents of Haudenosaunee citizens. As a result, on Thursday, July 15, 2010, Secretary of State Hillary Rodham Clinton provided a one-time waiver for the travel of this team to the World Lacrosse Championships.

As you are aware, the game of lacrosse is indigenous to Native Americans. We greatly respect that the United Kingdom is hosting an international lacrosse tournament. However, in the view of Native peoples, denying entry to the game’s historical and cultural emissaries is a troubling scenario. The legitimate documentation questions have been addressed, as reflected by the U.S. State Department’s waiver for travel. We encourage your government to preserve the sanctity and intent of international gamesmanship and tribal sovereignty, and grant entry to the Iroquois Nationals lacrosse team.

Respectfully,

Jefferson Keel, President

National Congress of American Indians

Lt. Governor, Chickasaw Nation

イロクォイ ナショナルズ、世界選手権不参加を決断(2010年7月17日)

 もう時間がない――イロクォイ チームは、ラクロス世界選手権への不参加を決定せざるを得なくなった。

 以下の[Sports Illustratedの]ニュース記事(SI.com)に、ラクロスがイロクォイの文化と歴史にとってもつ意味を描いた短い動画がはめ込まれている。
 [残念ながら、これもアクセス不能で省略。]

イロクォイ・ネィションの誇り(2010年7月19日)

 Sports Illustrated誌の7月19日号に"Pride of a Nation"というラクロスとイロクォイ文化の関係を論じる特集記事が掲載される。

f:id:APWI:20200729022906p:plain
Sports Illustrated誌の2010年7月19日号